ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

"御崎マルシェ"ありがとうございました

f0128716_2214575.jpg
あらためて良い場所だな〜と思った”赤穂御崎”

9月の御崎マルシェにも出店予定です。

是非遊びにいらして下さい。

f0128716_2244684.jpg

[PR]
# by mori-akari | 2016-08-21 22:31 | イベント | Comments(0)

『蜂蜜』はじめました

f0128716_21152011.jpg
養蜂1年目なのにラベルは老舗の風格?なかなか良いラベルが出来ました。
f0128716_21122737.jpg
今年採れた蜂蜜は全部で7種類。

左から採蜜した順に並んでいます。
さくら・れんげ・皐月(5月)・はぜ・水無月(6月)・文月(7月)・百花
※花の特定が出来なかった蜂蜜は採れた月の名前をつけました。

どれも美味しく、7つそれぞれ味が違います。
自分の味覚に半信半疑な方でも味見をした後は必ず「美味しい〜!」は勿論、「本当に違う〜!」と言うほど違います。その反応が嬉しくって、出店時はとにかく味見をすすめてしまいます。
またお子さんの反応が面白く、はじめは食わず嫌いなのか以外と味見を拒む子が多く恐る恐る舐めてビックリその美味しさにはまって最後には自分の好みを指差すほどです。

そんなおいしい蜂蜜を先月から参加させて頂いている御崎マルシェにて販売しています。
海のそばとっても素敵なロケーション、お近くの方は是非遊びにいらして下さい。

f0128716_21115786.jpg
今年の春に試しにと2群から始めた裏庭は今ではなんと9群に!!
f0128716_21121171.jpg
新女王が産まれそうになったら箱を作り、また箱を、、、と、とにかくミツバチに追い立てられ気がつけばしっかり養蜂家です。おかげで木工技術も少し上達しました。

f0128716_22292448.jpg
裏庭で美味しい蜂蜜が沢山採れたので出店にて蜂蜜を販売したいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by mori-akari | 2016-08-20 22:44 | イベント | Comments(0)

御崎マルシェありがとうございました。

7月の御崎マルシェは、うちを出るときは降られましたが、なんとか、御崎デビュー果たせました。
来てくださった皆様、ありがとうございました。また、ちょくちょく我が家の蜂蜜で出店する予定です。
よろしくお願いします。
d0286574_00515573.jpg
去年の夏の終わりに建てた藍が、ほそーくながーく生きていてくれて、糸が様々な青に染まっていきます。
ぼちぼちと織っていますが、最近、もう柄とかよりも、無地が織りたい、というより、織る、という事だけで満足だったり。
もっと言うと、織る準備さえ万端なら、織ること自体は歩いてるみたいなものです。
…な~んて、まだまだ言えたもんじゃありませんが、貫糸を小管に綺麗に巻くことをなめてかかってはいけない、とつくづく思う今日この頃。「仕事は仕事が教えてくれる。」とは先輩の言葉。ほんとに、作業から学ぶ発見を味わってるのが好きだったりします。
柄を入れるには私の苦手な算数の世界をさまよい歩くのが織物の世界。
簡単な計算のはずですが、いつも頭の中を数字がぐるぐるです。





[PR]
# by mori-akari | 2016-07-20 02:12 | Comments(0)

御崎マルシェ雨天のため中止になりました。

d0286574_09440185.jpg
残念。本日出店予定だった御崎マルシェは、雨天のため中止です。
梅雨ですもんね。またよろしくお願い致します。

[PR]
# by mori-akari | 2016-06-19 09:46 | Comments(0)

御崎マルシェ

d0286574_09265391.jpg
庭のザクロがたくさん咲いています。
近くで見ると変わった花です。
が、我が家の木はどれも背が高すぎてとても届きません。

もうすぐですが、今週末の御崎マルシェに出店します。
今のところ曇りの予報のようですが、雨が落ちませんように。
我が家で採った蜂蜜を販売します。

 さわやかな味の後、野ばらと思われる甘さがキュートな「皐月」
 甘さの奥にすっとする香りがある「はぜ」
 6月に採ったのに、春のような軽やかさ「水無月」

を持っていく予定です。
どれも優しい味で食べやすい蜂蜜です。
ぜひお出かけ下さい。
御崎マルシェ
6月19日(日) 9:00 - 12:00 雨天中止
〒678-0215 兵庫県 赤穂市御崎2-1


[PR]
# by mori-akari | 2016-06-15 10:03 | Comments(0)

しそう森のバザール ありがとうございました!

良いお天気にめぐまれてたくさんの方に来ていただきました。
今回は蜂蜜3種、さくら、れんげ、皐月の三種類持っていきましたが、さくらが一番人気で、すぐに完売!
予想以上に皆さんに好評で嬉しかったです。本当にありがとうございました。
今週末も採蜜、何の蜜が採れるか楽しみです。
d0286574_16360245.jpg
全体に黄色いお店となりました。
d0286574_16361851.jpg
苗屋さんではありません。





[PR]
# by mori-akari | 2016-05-26 16:52 | イベント | Comments(0)

森のバザールと我が家の蜜蜂

d0286574_11510.jpg
森のあかり、蜂蜜販売と蜜蝋キャンドルワークショップで
しそう森のバザールに出店します!

しそう森のバザール
5月22日(日)9:00~15:00
宍粟市山崎町御名140
お問合せ:0120-140-014

d0286574_00401601.jpg
というお知らせの前に、一番肝心な記事が書けていませんでした。
なんと、パスワードを忘れ、ログインできず、
今更ながら養蜂デビューのお知らせです。
今まで、父の蜂たちにお世話になっていましたが、この春
ついに自分達も蜜蜂を飼い始めました。
それに向け、庭の畑予定地に、肥料を兼ねてれんげを蒔きました。
れんげが咲いたと、喜んでいたら、すぐ横のうちの蜂たちは遠くへ飛んでいきます。
こっちこっち、といっても聞いてくれません。
その代わり、日本蜜蜂が沢山やってきました。
蜜泥棒!と言いながら、日本蜜蜂の蜜も採りたいなぁ…。
他にもいろんな虫たちがやって来て、とても賑やか!
でも、それは天気のいい、気温の上がった時だけで、
咲いていても、気温が上がらないと蜜を出さないことも、
虫たちの賑わい具合でよくわかりました。
ほんとに、少しの事でも、生き物たちの連鎖があり、
発見が沢山で、楽しくなります。
今のところ2郡なので、採蜜は余裕のよっちゃんです。
父の鮮烈な蜂蜜に対し、相方の世話する蜂の蜂蜜の味は
細かくておとなしい気がするのはきのせい?
それとも飼い主の性格に似るのでしょうか?
何にせよ、奥が深い蜜蜂の世界、美味しい蜂蜜が採れました。

d0286574_00254215.jpg

[PR]
# by mori-akari | 2016-05-09 01:21 | イベント | Comments(0)

はる

d0286574_16241343.jpg
木へんに春。
つばき。
啓蟄を過ぎると、本当に虫たちが登場し始めますね。
窓を開けると、いろんな虫が入ってきます。


[PR]
# by mori-akari | 2016-03-17 22:16 | そのた | Comments(0)

光のもと


d0286574_17343466.jpg

d0286574_17352237.jpg
我が家の横の空き地の立派な梅が満開で嬉しくて、写真を撮ったら、一日でもこんなに色が違うんですね。
夕焼けはもうイメージが先行していますが、朝焼けで、改めて、色の違いに目からウロコです。「色は太陽が作る」いつもそう思います。草木に蓄えられた色も、目に見える色も。
ですが、我が家は昼でも部屋の中は暗く、電気をつけるのですが、機(はた)部屋の暗さに、天井を仰げば、電球が一つ切れている。ということから、電球を変えるべく、笠を外し、スルーした大掃除のため、曇ったひらひら硝子の笠を洗い、ずっとグレーだと思っていた笠が白だと発覚。
そして何より、私、シャンデリアの元で織ってたのね!と再確認。
本当は変えたいけど、とりあえず、拭いてみたところ、乳白色から、全部透明のガラスに。すっきり!
そもそも、下を照らす気のない照明のため、暗さはほぼ改善しませんでしたが、やっぱり、手入れすると、気に入らないものにも愛着がわくものです。すっきりしたけどすっきりしないデザインのシャンデリアをついつい眺める今日この頃です。





[PR]
# by mori-akari | 2016-02-18 17:57 | そのた | Comments(0)

沖縄に

d0286574_22362639.jpg

2013年2月、旅の日記展以来の沖縄。また2月に来てしまいました。
うりずんに行きたいものです。
久々に首里城に行ったら、相方が、石積がすごいと、石垣をパシャパシャ。
私も、負けじと撮りました。前から、首里城は新しいものだけど、石垣はもとからのもので、石垣が遺産なんだ、とは聞いていたものの、いま改めてみると、
確かに、すごい技術ですね。
d0286574_22365181.jpg
そしてやっぱり、この手入れ。この手入れで維持しているのが美しさのもう一つの理由なんですね。
d0286574_10412836.jpg
そしてそして、今回敏子先生に3年ぶりに会えたのが、何よりうれしかったです。
行く直前に、3時のおやつをお持ちしますので、と電話して伺うと、芭蕉布会館の玄関で仁王立ちで待っていてくださって、その姿がなんとも敏子先生らしくて、笑ってしまいました。
そして、想像以上に喜んでくださって、私も、本当に嬉しかったです。
d0286574_22372194.jpg
155センチの私がかがむほど、小さい先生。自転車が危ないと禁止になったので、毎日歩いて出勤。
97歳、仕事も、お茶目も、まだまだ現役です。
文化庁の映画撮影のため、20年ぶりに機織りしても、ひょいひょいとこなしたのだとか。
本当に、いろんな面で、尊敬できる、みんなの目標の人です。
良い師と出会えることは、本当に人生の宝です。

その後、おなじ大宜味村にあるという窯元へ。
d0286574_10242820.jpg
赤瓦の、最近出来上がったばかりという共同窯。ナビでは絶対来られない、
大宜味に4年住んでた私も一切わからない道で、自力では絶対いけないところでした。
家で毎日使っているお茶碗の作者、玉城さんを訪ねて、伺ったところ、
とても親切に案内してくださいました。
大宜味にも窯が増えているんだなぁ、と思い、
工芸の国、芸能の国、文化の国、沖縄を感じました。
健康な文化がますます続いていってほしいと思います。
そして、日本本州も、各地の文化を大事にすることで、
きっと治安も良くなり、健康で、豊かに暮らせるのだと私はずっと思っています。

今回は、義妹の結婚式のため、2泊3日の旅でしたが、沖縄に来させてもらえて感謝です。
敏子先生にまた会いに来たいなぁ。
d0286574_10374149.jpg
薪ストーブと猫。沖縄だって寒いんです。
今度は夏に行きたいなぁ。
と久々に、沖縄のスーパーで買った、いちゃがりがり(イカがりがり)というひたすら硬いてんぷらの駄菓子を
こたつでがりがり食べながら、思うのでした。








[PR]
# by mori-akari | 2016-02-10 10:38 | Comments(1)