ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森のお茶会2016ありがとうございました。

b0237338_10513049.jpg
今年も締めくくりは、年に一度の贅沢「森のお茶会」。
ミツバチ一匹が一生のうちに集められる蜂蜜がスプーン一杯。
蜜蝋はその10分の一、1グラムといわれています。
ミツバチたちありがとう!!
そんな蜜蝋キャンドルをたくさん灯す、年に一度の贅沢な夜です。
ここまで暗い中でお茶飲めるかな、とこちらが思うほどですが、
皆さん暗さも楽しんでくださって、ありがとうございます。
そして、この暗さと、蜜蝋の光が、やっぱり「ほぅっ」とするんです。
暮らしの中でキャンドルを灯す時間や、機会が作れないという声から始まった森のお茶会。
火を見る、という事が珍しくなってきましたが、
是非、自然のものが燃えている、気持ちいい火を見てください。

今年も一年、本当にありがとうございました。
お陰様で、今年もいい一年を過ごさせていただきました。
健康と、平和と、美味しいご飯に感謝して…
来年も、皆様にとっていい一年となりますように。


[PR]
by mori-akari | 2016-12-28 08:57 | イベント | Comments(2)

森のあかり展 2016 始まりました。

d0286574_20044878.jpg

キャンドル展始まりました。
苦戦しましたが、何とかいい展示になりました。
蜜蝋の黄色がきれいですね。
クリスマスプレゼントや冬の素敵な夜に、家族の団らんに、
自然が生んだ森のあかり、蜜蝋キャンドルのゆったりした炎を灯してみてください。
日曜にはワークショップ、森のお茶会も企画しています。
ぜひどうぞ。

森のあかり展
12月2日(金)~26日(月)
金・土・日・月 10:00~17:00
カフェギャラリー結
たつの市龍野町下川原111
0791-63-2183(金土日月10:00~17:00)

ワークショップ
12月4日(日)
①11時~ ②13時~ ③14時~ ④15時~ ⑤16時~ 
人気の「くぬぎ」が作れます。
蜜蜂のお話を聞いていただきながら、蜜蜂が巣作りするようにキャンドルを作ります。
1回 500円
5歳~(保護者同伴)
予約:0791-63-2183(金土日月10時~17時 カフェギャラリー結)

森のお茶会
12月25日(日)18:00~21:00
蜜蝋キャンドルを眺めながら、師走の冬の夜に、ほっと一息。
お茶とお菓子とキャンドルの火と。火を見つめる時間をどうぞ。



[PR]
by mori-akari | 2016-12-03 09:45 | 展示の様子 | Comments(0)

森のあかり展 2016

d0286574_13543263.jpg
d0286574_13544153.jpg

12月はホームである龍野、カフェギャラリー結で展示します。
11月に姫路ボカグランデさんでさせて頂き、12月は龍野の結、そして、岡山のアクシスさんでもワークショップと、少しですが販売をさせていただきます。
今回のDMは、「森の」「あかり」という原点のイメージでできたかな、といつもながら自己満足。やっぱり苔はいいですね。
そして、キャンドルも作っていて、灯してみて、いいなぁ、と思うのでした。
森の草木が生み出したものから蜜蜂が作った、蜜蝋キャンドル。
本当に、「森のあかり」です。
年に一度の贅沢、森のお茶会も開催します。
ばっちりクリスマスですが、おひとりの方も、お友達同士、ご家族、もちろんカップルの皆様、
森のあかりの火を見つめながら、お茶をどうぞ。
お待ちしております。
ワークショップは、11時から5回開催しますので、そちらも是非。

d0286574_09035978.jpg
森のあかり展
12月2日(金)~26日(月)
金・土・日・月 10:00~17:00
カフェギャラリー結
たつの市龍野町下川原111
0791-63-2183(金土日月10:00~17:00)

ワークショップ
12月4日(日)
①11時~ ②13時~ ③14時~ ④15時~ ⑤16時~ 
人気の「くぬぎ」が作れます。
蜜蜂のお話を聞いていただきながら、蜜蜂が巣作りするようにキャンドルを作ります。
1回 500円
5歳~(保護者同伴)
予約:0791-63-2183(金土日月10時~17時 カフェギャラリー結)

森のお茶会
12月25日(日)18:00~21:00
蜜蝋キャンドルを眺めながら、師走の冬の夜に、ほっと一息。
お茶とお菓子とキャンドルの火と。火を見つめる時間をどうぞ。

d0286574_8465143.jpg

[PR]
by mori-akari | 2016-12-01 23:35 | 展示のご案内 | Comments(0)