ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

光のもと


d0286574_17343466.jpg

d0286574_17352237.jpg
我が家の横の空き地の立派な梅が満開で嬉しくて、写真を撮ったら、一日でもこんなに色が違うんですね。
夕焼けはもうイメージが先行していますが、朝焼けで、改めて、色の違いに目からウロコです。「色は太陽が作る」いつもそう思います。草木に蓄えられた色も、目に見える色も。
ですが、我が家は昼でも部屋の中は暗く、電気をつけるのですが、機(はた)部屋の暗さに、天井を仰げば、電球が一つ切れている。ということから、電球を変えるべく、笠を外し、スルーした大掃除のため、曇ったひらひら硝子の笠を洗い、ずっとグレーだと思っていた笠が白だと発覚。
そして何より、私、シャンデリアの元で織ってたのね!と再確認。
本当は変えたいけど、とりあえず、拭いてみたところ、乳白色から、全部透明のガラスに。すっきり!
そもそも、下を照らす気のない照明のため、暗さはほぼ改善しませんでしたが、やっぱり、手入れすると、気に入らないものにも愛着がわくものです。すっきりしたけどすっきりしないデザインのシャンデリアをついつい眺める今日この頃です。





[PR]
by mori-akari | 2016-02-18 17:57 | そのた | Comments(0)

沖縄に

d0286574_22362639.jpg

2013年2月、旅の日記展以来の沖縄。また2月に来てしまいました。
うりずんに行きたいものです。
久々に首里城に行ったら、相方が、石積がすごいと、石垣をパシャパシャ。
私も、負けじと撮りました。前から、首里城は新しいものだけど、石垣はもとからのもので、石垣が遺産なんだ、とは聞いていたものの、いま改めてみると、
確かに、すごい技術ですね。
d0286574_22365181.jpg
そしてやっぱり、この手入れ。この手入れで維持しているのが美しさのもう一つの理由なんですね。
d0286574_10412836.jpg
そしてそして、今回敏子先生に3年ぶりに会えたのが、何よりうれしかったです。
行く直前に、3時のおやつをお持ちしますので、と電話して伺うと、芭蕉布会館の玄関で仁王立ちで待っていてくださって、その姿がなんとも敏子先生らしくて、笑ってしまいました。
そして、想像以上に喜んでくださって、私も、本当に嬉しかったです。
d0286574_22372194.jpg
155センチの私がかがむほど、小さい先生。自転車が危ないと禁止になったので、毎日歩いて出勤。
97歳、仕事も、お茶目も、まだまだ現役です。
文化庁の映画撮影のため、20年ぶりに機織りしても、ひょいひょいとこなしたのだとか。
本当に、いろんな面で、尊敬できる、みんなの目標の人です。
良い師と出会えることは、本当に人生の宝です。

その後、おなじ大宜味村にあるという窯元へ。
d0286574_10242820.jpg
赤瓦の、最近出来上がったばかりという共同窯。ナビでは絶対来られない、
大宜味に4年住んでた私も一切わからない道で、自力では絶対いけないところでした。
家で毎日使っているお茶碗の作者、玉城さんを訪ねて、伺ったところ、
とても親切に案内してくださいました。
大宜味にも窯が増えているんだなぁ、と思い、
工芸の国、芸能の国、文化の国、沖縄を感じました。
健康な文化がますます続いていってほしいと思います。
そして、日本本州も、各地の文化を大事にすることで、
きっと治安も良くなり、健康で、豊かに暮らせるのだと私はずっと思っています。

今回は、義妹の結婚式のため、2泊3日の旅でしたが、沖縄に来させてもらえて感謝です。
敏子先生にまた会いに来たいなぁ。
d0286574_10374149.jpg
薪ストーブと猫。沖縄だって寒いんです。
今度は夏に行きたいなぁ。
と久々に、沖縄のスーパーで買った、いちゃがりがり(イカがりがり)というひたすら硬いてんぷらの駄菓子を
こたつでがりがり食べながら、思うのでした。








[PR]
by mori-akari | 2016-02-10 10:38 | Comments(1)

京都

d0286574_23074654.jpg
鳥居を上から見ると、円柱の丸みがよく見えて、太さがよくわかります。青空に朱がくっきり!
京都の都メッセへ、沖縄の染織を見に行ってきました。琉球王府時代の復元の花織の斬新さにびっくり!
そして、やっぱり芭蕉布はいいですね。独特の風格があります。
そして、たまたま、すぐ隣の近代美術館で志村ふくみさんの展示の初日でした。草木染めの色がとてもきれいでした。
そして、みすや針へ。表の通りからは別世界の路地の奥でした。
庭の井戸の石が古くて立派です。さすが京都。
そして、前から気になっていた柘植の櫛と、簪を買いました。
木版のポチ袋も。やっぱり文化の都、京の都ですね。
満足して電車に揺られ、龍野に帰って、ちいさなちいさな京都にほっとしながら家路につきました。
d0286574_23083006.jpg

[PR]
by mori-akari | 2016-02-03 00:16 | そのた | Comments(0)