ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

カテゴリ:コラボ( 7 )

ビジョンヨガ×森のあかり

カフェギャラリー結の2階、貸和室わのわで毎月2回している「らふうら」三輪よしこ先生のビジョンヨガ。
6月は、13日(金)、27日(金)なのですが、満月と新月にあたります。
そこで、スペシャル企画として、蜜蝋キャンドルのあかりでビジョンヨガをしていただきます。
この機会にぜひ、ビジョンヨガ体験をしてみたください。
ゆったりと呼吸を感じ
こころとからだのこわばりを解放していきましょう。

b0237338_7355477.jpg


森のあかりでビジョンヨガ

日 時: 6月13日(金) 18:30~20:00
      6月27日(金) 18:30~20:00

会 場 たつの カフェギャラリー結
参加費 3000円

持ち物 ヨガマット、またはバスタオル ヨガのできる服装

※ご予約は当日17時までにお願い致します

ご予約は「らふうら」三輪先生まで…
TEL 080 3808 9201
[PR]
by mori-akari | 2014-06-11 11:01 | コラボ | Comments(0)

チェンバロ&木管フルート×森のあかり

3月29日、カフェギャラリー結にて高橋千恵さんによるスピネットチェンバロとフラウト・トラヴェルソを演奏される柘植章子のコンサートがあります。
スピネットチェンバロとは、これ ↘ 小型のチェンバロです。
d0286574_2148152.jpg

チェンバロは中世の終わりから18世紀後半の古典派の時代まで広く使用され、チェンバロのために多くの作品が書かれましたが、19世紀にはより強弱表現に長けるピアノに徐々に人気を奪われ、19世紀中は殆ど演奏されることがなくなり、楽器製作の伝統も途絶えますが、19世紀末から古楽演奏のために再び復興されます。

フラウト・トラヴェルソは木管楽器の古楽器の一種で、今日のフルート(モダン・フルート)の前身となった楽器です。略して「トラヴェルソ」と呼ばれることも多く、バロック期以前には、西洋音楽においてフルートといえば縦型のリコーダーの方が主流だったので、「traverso(横向きの)」という形容詞を付けてフラウト・トラヴェルソと呼ばれました。
d0286574_21592324.jpg

今回、森のあかりはキャンドルで演出を担当します。
実は、結のお店で普段かけている曲は、いつも中世のクラシックなんです。
だから、本当にバロック音楽にぴったりの場所で、電気のない時代のヨーロッパには欠かせなかったであろう蜜蝋キャンドルという、ぴったりの演出。とても楽しみな企画です。キャンドルのイベントをすると、時間の流れが変わるのですが、今回はタイムスリップしてしまうかもしれないですね。

d0286574_0123372.jpg


       バロックのゆうべ
~スピネットチェンバロとフラウト・トラヴェルソ~


☆3月29日(土)
☆18時開場、18時半開演
☆1500円
☆スピネットチェンバロ:高橋千恵
 フラウト・トラヴェルソ:柘植章子

グリーンスリーブス変奏曲
バッハ:フランス組曲
ヘンデル:フルートソナタ ト長調 ほか…

☆会場:カフェギャラリー結:たつの市龍野町下川原111
☆お問い合わせ・お申込み:カフェギャラリー結
                  0791-63-2183
                  金~月 10時~17時open
[PR]
by mori-akari | 2014-01-22 09:22 | コラボ | Comments(0)

ら ふうら×森のあかり

いつもお世話になっている、らふうらのよりさんのビジョンヨガ。
今展示中のカフェギャラリー結の和室で毎月2回されていて、いつもは熊本のサカさんと雅代さんのひょうたんランプでされていますが、今回、森のあかり展中ということで、蜜蝋キャンドルの灯りでビジョンヨガをしていただきます。ちなみに、キャンドルの種類は、点灯式でも使用した、「盛り塩」でします。販売はしていない種類なのですが、私は、かなりお気に入りです。前回のヨガとのコラボの時も、「盛り塩」だったのですが、燭台との兼ね合いで、床の間の夕焼け色の土壁に、霞に浮かぶ山々の影が出たんです!
もちろん、そんな空間でするヨガは、何とも言えない心地よさです。
私は気持ち良すぎて幽体離脱しがちですが、月の上に寝転んでいる感じがしたり、普段向き合うことのない、身体感覚を感じることもしばしば。難しいことは何もしないのですが、自分の体の新発見、疲れの所在が分かったりします。
私たちは、製作の疲れのメンテナンスにいつもお世話になっております。
みなさまもこの機会に、ぜひお気軽にご参加ください。

d0286574_10445283.jpgd0286574_10451958.jpg








ビジョンヨガ×森のあかり

12月13日 (金曜日)

18:30~20:00

参加費 3000円
単発で参加頂けます☆
(回数券もご利用頂けます)

場所:カフェギャラリー結2階和室

持ち物
・ヨガの出来る服装
(お着替えスペース有り)
・ヨガマットまたはバスタオル
・五本指ソックス
・お茶やお水

お問い合わせ、お申し込みは
ら ふうら 三輪よし子
TEL  0791-23-0359
IPHONE  080-3808-9201

ホームページ http://la-fuura.com/

カフェギャラリー結0791-63-02183(金~月 10:00~17:00) 
[PR]
by mori-akari | 2013-12-10 11:15 | コラボ | Comments(0)

満月の夜に。。。

d0286574_19551486.jpg

d0286574_19552394.jpg
ずっとやりたかった”ヨガ×蜜蝋キャンドル”の組み合わせ。
その願いを叶えてくれたのはビジョンヨガの「ら ふうら」さん

ビジョンヨガとは、
心と身体は繋がっていて、身体の中から「いたきもちいいところ」を見つけ、自分のペースで身体を溶かし、心のこわばりも溶かしていくというヨガです。

身体の固い人ほど気持ちがいいヨガなので、蜜蝋と一緒に参加した僕の固〜い身体でも無理無く心地良くほぐれ心のこわばりも溶かすことが出来ました。

森のあかりの蜜蝋キャンドルが心と身体のこわばりを溶かすことに一役を担えたことを嬉しく思う満月の夜でした。
[PR]
by mori-akari | 2013-04-27 23:10 | コラボ | Comments(0)

土井康生さん×森のあかり

カフェギャラリー結の4月5日(金)〜22日(月)の展示、『鉄の華灯』の土井康生さんの展示の会期中、レンガ通路にて、土井さんの燭台と森のあかりのキャンドルの展示販売をします。
森のあかりの新作も出します。私達のキャンドルを見て、土井さんが燭台の新作をどんどん作って下さるので、私達も負けていられません!くぬぎのキャンドルと木の葉の燭台はゴールデンコンビです。
そして、何と、私達にプレゼントといって、特別に作って下さった燭台。
森のあかりのトレードマーク、ふたこぶお山のスタンプを押した紙袋をぶらぶらぶら下げていて、思いついたのだそうです。
家宝にします!

鉄の華灯
4月5日(金)〜22日(月)
金・土・日・月 10:00〜17:00

カフェギャラリー結
たつの市龍野町下川原111
0791−63−2183

d0286574_21405011.jpg

[PR]
by mori-akari | 2013-03-26 21:47 | コラボ | Comments(0)

春の夜の炎の揺らめき琵琶の音

d0286574_21141567.jpg

『春分ひいな琵琶の音』夜の部、森のあかりのキャンドルと燭台で、大藪旭晶さんの演奏の照明をさせて頂き、素敵な夜を過ごさせて頂きました。琵琶の音って、とても不思議です。
旭晶さんの「朗読耳なし芳一」は、まるで映画を見ているようで、引き込まれました。
琵琶の音の揺らめきと、炎の揺らめきがあいまって、想像の世界が膨らみます。
演奏後のちゃぶ台打ち上げも楽しかったです。
来て頂いた方々、そして、旭晶さん、素敵な時間をどうもありがとうございました。
[PR]
by mori-akari | 2013-03-26 21:25 | コラボ | Comments(0)

大藪旭晶さん×森のあかり

d0286574_13121923.jpg

女流筑前琵琶奏者の大藪旭晶さんが、たつののカフェギャラリー結にて演奏会をされます。

昼の部と、夜の部の2回公演なのですが、そのうちの夜の部で、森のあかりが蜜蝋キャンドルで照明を担当することになりました。
蜜蝋キャンドルと、琵琶の音。どんな空間になるのか、楽しみです。

なお、入場料は、1500円で、カフェのお飲物券が付いてきます。後日来られても、使えますので、ちょっとお得です。
当日は、bucketさんでの森のお茶会でお世話になった焼き菓子屋「森蔵さん」も来られます(10:00〜17:00)のでお楽しみに。


大藪旭晶 〜筑前琵琶の響き〜
  
  3月20日(水*春分の日)
  
  *昼の部*
  午後2時開場:2時半開演
  
  *夜の部*
  午後6時開場:6時半開演

  入場料:1500円(飲み物券付き)
  
 定員になり次第閉め切らせて頂きます。
 お問い合わせ、お申し込みは、カフェギャラリー結
(0791−63−2183/金〜月10:00〜17:00)まで




  
[PR]
by mori-akari | 2013-03-07 13:22 | コラボ | Comments(0)