ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 15 )

展示に向けて

d0286574_00570557.jpg
染めてます。
11月の展示に向けて。
今回は、蜜蝋キャンドルに加えて、蜂蜜と、ニットが登場します。
ニット帽!
写真は、裏庭の孟宗竹ですが、これがまたいい~色なんです。
d0286574_01160071.jpg
この八重桜の落ち葉もいい色になりました。染めているあいだずっと桜餅のにおい(笑)
いつも掃いても掃いても落ちてくる葉っぱがあるとき、染料になるって不思議で楽しい。
d0286574_01154606.jpg
そして、中庭の草と一緒に茂っているヨモギも今ちょっと狙っています。
いつもいつも、身の回りにある土から生まれる豊かさに驚きと感動。
家の敷地内だけでずいぶんいろんな恵が得られることに、本当に幸せを感じずにいられない今日この頃。
蜂蜜も裏庭の蜂蜜です。
御崎マルシェは森のあかりは10月はお休みです。
11月3日からbocagrandeさんでの展示お楽しみに。



[PR]
by mori-akari | 2016-09-23 01:49 | Comments(0)

御崎マルシェありがとうございました。

7月の御崎マルシェは、うちを出るときは降られましたが、なんとか、御崎デビュー果たせました。
来てくださった皆様、ありがとうございました。また、ちょくちょく我が家の蜂蜜で出店する予定です。
よろしくお願いします。
d0286574_00515573.jpg
去年の夏の終わりに建てた藍が、ほそーくながーく生きていてくれて、糸が様々な青に染まっていきます。
ぼちぼちと織っていますが、最近、もう柄とかよりも、無地が織りたい、というより、織る、という事だけで満足だったり。
もっと言うと、織る準備さえ万端なら、織ること自体は歩いてるみたいなものです。
…な~んて、まだまだ言えたもんじゃありませんが、貫糸を小管に綺麗に巻くことをなめてかかってはいけない、とつくづく思う今日この頃。「仕事は仕事が教えてくれる。」とは先輩の言葉。ほんとに、作業から学ぶ発見を味わってるのが好きだったりします。
柄を入れるには私の苦手な算数の世界をさまよい歩くのが織物の世界。
簡単な計算のはずですが、いつも頭の中を数字がぐるぐるです。





[PR]
by mori-akari | 2016-07-20 02:12 | Comments(0)

御崎マルシェ雨天のため中止になりました。

d0286574_09440185.jpg
残念。本日出店予定だった御崎マルシェは、雨天のため中止です。
梅雨ですもんね。またよろしくお願い致します。

[PR]
by mori-akari | 2016-06-19 09:46 | Comments(0)

御崎マルシェ

d0286574_09265391.jpg
庭のザクロがたくさん咲いています。
近くで見ると変わった花です。
が、我が家の木はどれも背が高すぎてとても届きません。

もうすぐですが、今週末の御崎マルシェに出店します。
今のところ曇りの予報のようですが、雨が落ちませんように。
我が家で採った蜂蜜を販売します。

 さわやかな味の後、野ばらと思われる甘さがキュートな「皐月」
 甘さの奥にすっとする香りがある「はぜ」
 6月に採ったのに、春のような軽やかさ「水無月」

を持っていく予定です。
どれも優しい味で食べやすい蜂蜜です。
ぜひお出かけ下さい。
御崎マルシェ
6月19日(日) 9:00 - 12:00 雨天中止
〒678-0215 兵庫県 赤穂市御崎2-1


[PR]
by mori-akari | 2016-06-15 10:03 | Comments(0)

沖縄に

d0286574_22362639.jpg

2013年2月、旅の日記展以来の沖縄。また2月に来てしまいました。
うりずんに行きたいものです。
久々に首里城に行ったら、相方が、石積がすごいと、石垣をパシャパシャ。
私も、負けじと撮りました。前から、首里城は新しいものだけど、石垣はもとからのもので、石垣が遺産なんだ、とは聞いていたものの、いま改めてみると、
確かに、すごい技術ですね。
d0286574_22365181.jpg
そしてやっぱり、この手入れ。この手入れで維持しているのが美しさのもう一つの理由なんですね。
d0286574_10412836.jpg
そしてそして、今回敏子先生に3年ぶりに会えたのが、何よりうれしかったです。
行く直前に、3時のおやつをお持ちしますので、と電話して伺うと、芭蕉布会館の玄関で仁王立ちで待っていてくださって、その姿がなんとも敏子先生らしくて、笑ってしまいました。
そして、想像以上に喜んでくださって、私も、本当に嬉しかったです。
d0286574_22372194.jpg
155センチの私がかがむほど、小さい先生。自転車が危ないと禁止になったので、毎日歩いて出勤。
97歳、仕事も、お茶目も、まだまだ現役です。
文化庁の映画撮影のため、20年ぶりに機織りしても、ひょいひょいとこなしたのだとか。
本当に、いろんな面で、尊敬できる、みんなの目標の人です。
良い師と出会えることは、本当に人生の宝です。

その後、おなじ大宜味村にあるという窯元へ。
d0286574_10242820.jpg
赤瓦の、最近出来上がったばかりという共同窯。ナビでは絶対来られない、
大宜味に4年住んでた私も一切わからない道で、自力では絶対いけないところでした。
家で毎日使っているお茶碗の作者、玉城さんを訪ねて、伺ったところ、
とても親切に案内してくださいました。
大宜味にも窯が増えているんだなぁ、と思い、
工芸の国、芸能の国、文化の国、沖縄を感じました。
健康な文化がますます続いていってほしいと思います。
そして、日本本州も、各地の文化を大事にすることで、
きっと治安も良くなり、健康で、豊かに暮らせるのだと私はずっと思っています。

今回は、義妹の結婚式のため、2泊3日の旅でしたが、沖縄に来させてもらえて感謝です。
敏子先生にまた会いに来たいなぁ。
d0286574_10374149.jpg
薪ストーブと猫。沖縄だって寒いんです。
今度は夏に行きたいなぁ。
と久々に、沖縄のスーパーで買った、いちゃがりがり(イカがりがり)というひたすら硬いてんぷらの駄菓子を
こたつでがりがり食べながら、思うのでした。








[PR]
by mori-akari | 2016-02-10 10:38 | Comments(1)

森のお茶会そしてワークショップ

d0286574_23401109.jpg
森のお茶会、今年もほっこり終了いたしました。
来てくださった皆様ありがとうございました
今日お出ししたお菓子は、毎年お世話になている森蔵さんのお菓子でした。
キャンドルは、星の王子様。
火を見る機会の本当に少なくなった今日この頃。
電気を消して、火を灯す。
そんなちょっとしたことが、とっても特別な気持ちになります。
私達のキャンドル、燃やすのがもったいない、
とよく言っていただきます。
それも嬉しいお言葉として受け取っていますが、
是非火を灯してほしい、火を見てもらいたい、
という気持ちがあります。
年に一度の森のお茶会、今年もやってよかったと改めて思いました。
17時からだったので、初めは誰も来なかったらどうしよう、と思うほど
静まり返っていましたが、考えてみたら、平日の師走の金曜日ですものね。すみませんでした。
来たいけど来れなかった声も聞かれたので、来年は土曜か日曜にしようと思います。
12日(土)は結の夜カフェ、8時までの延長営業(通常営業の延長で、キャンドルの演出はありません。)昼間が時間的に来れない方は、是非展示を見にいらしてください。
13日、日曜はワークショップです。
まだ予約受け付けていますので、
当日の開催時間の1時間前までにお問い合わせください。
ワークショップ
12月13日(日)
①10時~ ②13時~ ③15時~ ※要予約
人気の森のあかりの代表作、くぬぎが作れます。
蜜蜂のお話を聞いていただきながら、蜜蜂が巣作りするようにキャンドルを作ります。
1回 500円
5歳~(保護者同伴)
申込み:0791-63-2183
(カフェギャラリー結 金~月10:00~17:00)





[PR]
by mori-akari | 2015-12-12 00:07 | Comments(0)

蝶と炭

d0286574_01042766.jpg
庭にいると、いろんな生き物がやってきますが、庭に出た瞬間、目に飛び込んだクロアゲハ。炭の上にふわり。
炭の不思議な鈍い光の美しさと、クロアゲハの黒。そして、埋み火のような、羽根の根元の緋色!
うわ~っと一人感激して、カメラで何度も撮っては蝶が飛び立ち、それでも何度も炭に戻ってくる。
何か吸ってるような…。炭が好きなんでしょうか。
はべる、あやはべる、という沖縄の言葉が浮かびます。好きな言葉のひとつ。
d0286574_00154352.jpg
そして、頂いた桃。まだ固く、甘くないのですが、すっきりとした味で、甘けりゃいいってもんじゃないのよと、教えてくれた桃でした。
ごちそうさま。





[PR]
by mori-akari | 2015-07-26 00:01 | Comments(0)

庭とマムシ

我が家は築50年なので、旅館の庭のような大きな灯籠があるような庭ですが、我が家の植木屋さんが少しずつ改造中。
昨日は、いいもの見せるから、と呼ばれ外に出ると、なんとマムシ!初めて見ました。
文句なしに気持ち悪い!
頭を落とされているのに、体は動いて、口は噛みつこうとしています。凄い生命力‼
きれい!と思う自然界のものにも感心しますが、虫や蛇など、私より小さいのに、怖い!と思わせたり、強烈に気持ち悪い!と思わせるものにも、何だか感心してしまうのでした。生物としての危機感が遺伝子に入っているのでしょうかね。
ムカデも、よく出ますが、性格はとてもおとなしいんだなぁ、といつも思いつつ、怖くて向かい合ったままおろおろしております。最後にはドキドキしながら薬に頼らず実力で殺しますけど。
d0286574_12183434.jpg

[PR]
by mori-akari | 2015-06-23 12:34 | Comments(0)

自然観察の森ワークショップと、家の庭の自然観察

d0286574_11592511.jpg
観察の森でのワークショップも、おかげさまで喜んでいただけたようで、ありがとうございました。
今ちょうど蜜蜂はもちろん、いろんな虫たちが飛び回っていますね。

我が家の小さな池の蚊対策に、金魚を飼おう!
とウキウキしながら井戸水を張り、金魚20匹放流したところ、翌日、じんわりと水漏れしていることが発覚。
とりあえず、プラスチックの盥に入れると、それも水漏れ。
大きな漬物樽に入れましたが、プラスチックなので、物置の大きな水甕を出してきて、無事落ち着きました。
これぞ、たらいまわし。
でも、今は元気に泳ぎ回っていて、かわいいです。
昔のものなので、手作りの陶器なのが、見ている方も、入っている方もいいみたいです。
メダカも卵を抱えて手あぶり(火鉢)で泳いでいます。
スズメバチも、巣を作る場所を探してます。
ゆずの花にはいろんな虫がブンブンと蜜を吸いにきています。
虫達の受粉の助けで、たくさん実がなるだろうな。

ちいさな範囲にも、いろんな種類のいろんな生き物がいるんですね。
それぞれの生態系の中での役割を想像しながら見ていると、ついつい遅刻しそうになります。


[PR]
by mori-akari | 2015-05-18 12:23 | Comments(0)

蜂の季節です。

d0286574_12032141.jpg
山みたいですが、裏庭です。
何の花の蜜が採れるか楽しみです。レモンやゆずや、デコポンのような柑橘系の木が庭に多いので、柑橘系かな。
蜂を通して花を見ると、花より蜂蜜、美味しい蜜源にときめきます。
瓶詰めが終わったら、の店頭に登場予定です。


[PR]
by mori-akari | 2015-05-10 12:14 | Comments(0)