ブログトップ

森のあかり

hachimori.exblog.jp

チェンバロ&木管フルート×森のあかり

3月29日、カフェギャラリー結にて高橋千恵さんによるスピネットチェンバロとフラウト・トラヴェルソを演奏される柘植章子のコンサートがあります。
スピネットチェンバロとは、これ ↘ 小型のチェンバロです。
d0286574_2148152.jpg

チェンバロは中世の終わりから18世紀後半の古典派の時代まで広く使用され、チェンバロのために多くの作品が書かれましたが、19世紀にはより強弱表現に長けるピアノに徐々に人気を奪われ、19世紀中は殆ど演奏されることがなくなり、楽器製作の伝統も途絶えますが、19世紀末から古楽演奏のために再び復興されます。

フラウト・トラヴェルソは木管楽器の古楽器の一種で、今日のフルート(モダン・フルート)の前身となった楽器です。略して「トラヴェルソ」と呼ばれることも多く、バロック期以前には、西洋音楽においてフルートといえば縦型のリコーダーの方が主流だったので、「traverso(横向きの)」という形容詞を付けてフラウト・トラヴェルソと呼ばれました。
d0286574_21592324.jpg

今回、森のあかりはキャンドルで演出を担当します。
実は、結のお店で普段かけている曲は、いつも中世のクラシックなんです。
だから、本当にバロック音楽にぴったりの場所で、電気のない時代のヨーロッパには欠かせなかったであろう蜜蝋キャンドルという、ぴったりの演出。とても楽しみな企画です。キャンドルのイベントをすると、時間の流れが変わるのですが、今回はタイムスリップしてしまうかもしれないですね。

d0286574_0123372.jpg


       バロックのゆうべ
~スピネットチェンバロとフラウト・トラヴェルソ~


☆3月29日(土)
☆18時開場、18時半開演
☆1500円
☆スピネットチェンバロ:高橋千恵
 フラウト・トラヴェルソ:柘植章子

グリーンスリーブス変奏曲
バッハ:フランス組曲
ヘンデル:フルートソナタ ト長調 ほか…

☆会場:カフェギャラリー結:たつの市龍野町下川原111
☆お問い合わせ・お申込み:カフェギャラリー結
                  0791-63-2183
                  金~月 10時~17時open
[PR]
by mori-akari | 2014-01-22 09:22 | コラボ | Comments(0)
<< バロック音楽と光と影 森のあかり展 in bucke... >>